kouritu

無理な学習は、学習の効率を下げます。

無理のない学習は、記憶、整理、効率を良くします。

夜は長く勉強する必要はない

書店にある脳科学系の書籍や、学習に関連する書籍を見ると
ほとんど同じことが書いてある。

それは、
「睡眠時に前日の学習内容を復習しているのだ!」と。

睡眠時にレム睡眠・ノンレム睡眠を繰り返す間に、復習が行われているとは驚きだが、
それは人間の本能であり、生まれた時からそのようなことを脳が繰り返しているのだとか。

つまり、睡眠時間の確保は、学習内容の定着に必須だということ。
人によって、必要な睡眠時間は異なる、ただ、中学生が8時間~10時間も必要かと言われればそれは違う。
最低5時間、長くても7時間あれば十分だ。

となると、勉強する時間を逆算することができる。

中学生は部活動や塾で、帰宅する時間がどうしても遅くなってしまう。
平均して、夕方以降18時や19時あたりがその時間になるのではないだろうか。
テレビやインターネット、夕食、風呂などの時間を過ごせば、
夜20時や21時になってしまうだろう。

話を元に戻そう、中学生は長くても7時間の睡眠時間があれば十分だ。
そうなると、23時に寝れば朝6時に起きれることになる。
もちろん22時に寝れば朝5時の起床だ。

20時、21時から勉強を始めて24時、または翌日1時までやっている中学生もいるだろうけど
それは、学習効率が悪い、というより、脳に悪いのだ。
仮に1時まで勉強しても、それから7時間睡眠をとれば朝8時起床??学校に間に合わない。
そんな生活を続けていては結局のところ学習内容が定着しない。

20時、21時から勉強を始めるのであれば、23時まで、長くても23時30分までと
時間を決めて勉強をすべきだ。
目標は長くても3時間まで。
それ以上の勉強は内容が充実するとは思えないからだ。
だが、もっと勉強したい、焦っている中学生も多いだろう。
もし、その気持ちがあるなら、睡眠時間をしっかり確保して、朝に勉強をしよう。
朝は気持ちがリセットし、登校時間までの学習となり、制限時間が決まるので
学習計画が立てやすい。

朝の学習は90分1本勝負!

sukkiri

目が覚めてからどれだけ早くに勉強を始められるか。
朝の学習は自分との戦いでもあります。
朝5時~6時に起床したら、60分~長くても90分の1本勝負をしかけましょう。
朝食を作ってくれるお母さんにはその旨を伝えておきます。

勉強の仕方は以下の通りです。
・90分の中で3教科~4教科
・1教科を20分~30分
・教科の変更時に3分休憩
・主に前日の学校の授業の復習、または、その日の授業の予習(教科書を読むなど)

わかることは気持ちを楽しくさせます!
予習や復習をして、その日の授業を楽しく受講してください。
勉強が楽しくなります。